株式会社セキュリティ情報研究所

部門別採算がタイムリーに見える
『ユニット経営/部門別採算クラウド』

対象業種:全業種

POWERFUL FEATURES

特徴

「ユニット経営」について


このシステムは、当社の代表が、加入していた盛和塾(既に解散済み)で、「アメーバ経営」について長年ご指導いただいた内容をもとに、当社独自のしくみを機能追加して、
作成された採算管理システムです。
当社は、このシステムを使い、10年以上、企業運営をしております。
盛和塾でご指導いただいた具体的な内容については、公開できませんが、一般的な資料としては、稲盛和夫さんの著書の「アメーバ経営」をご参考にされると良いかと存じます。

システムは、部門別採算制度を取り入れている企業向けの経理システムです。
トップダウンの経営から全社員の意識改革によりボトムアップの経営へと変える為には社員教育もさることながら実現するためのシステムが必要です。
各部門で独立採算を行い、数字の見える化で売上を上げる事、
コスト意識を持たせる手助けができます。
貸借対照表・損益計算書はもちろん、部門採算もタイムリーに見える化を実現でき、 部門別の時間管理により、採算が全社の共通指標として貢献度も把握出来る様になり、 部門別に入金や支払の残高が見える事で、キャッシュベースでの経営が出来る様になります。リーズナブルな価格で財務会計と管理会計が1つで出来るシステムです。

 

初期費用0円、月額利用料4,980円~

無料体験 実施中!!

 

「無料体験」の内容について

 システムは、企業全体の売上・経費・入出金関連をすべて、このシステム一つで管理して、部門別の採算管理及び全社の財務会計も自動的に作成されるシステムとなっています。

 なお、「アメーバ経営」のしくみを実現するための事前の基本的な知識がある程度必要となり、全く無い場合は、非常に難解なシステムです。

 以上のことから、企業で導入済みの既存システムの情報をもとに、部門別採算管理を実現したい場合は、かなりハードルが高いものとなっております。

 

「無料体験相談」を推奨いたします

 上記のような問題を解決するために、当社では、はじめに、部門別採算管理を実現するための、「無料体験相談」を実施しておりますので、ご安心ください。

 各企業様からご提示いただく情報をもとに、実際に各企業様の独自の環境をご用意させていただき、「無料体験相談」を通じて、各企業様オリジナルの採算管理によって、「無料体験」が実現出来る迄のサービスです。

PACKAGE DETAILS

パッケージ詳細

■システムの特徴
・簿記の知識が不要、経理未経験者OK
・各部門間の社内取引に対応
・部門別採算がタイムリーに見える
・部門別に入金・支払の残高が見える
・各部門のマスタプランと同期できる
・部門別採算・全社のP/L,B/Sを同時実現
・部門別採算表により部門貢献度が見える
・月次決算により毎月の貸借対照表・損益計算書が確認できる
・既存システムとの連携可能
・期中の組織変更可能

ユニット経営部門別採算クラウド機能イメージ
部門別採算クラウドで出来る事
セキュリティ

■セキュリティ

システムの利用はブラウザーから行います。使用するPCには、当社が発行するクライアント証明書の登録が必要になります。

クライアント証明書とは電子証明書の一種です。クライアント証明書をユーザデバイス(PC)にインストールし、そのユーザが正規の利用者であることを認証して、特定のユーザしかシステムを利用できないよう制限します。

■サポート

メール、FAX、電話、リモート操作で対応します。操作ミス!困った時も、安心サポートが即対応!

リモート操作によりお客さまの画面を遠隔で共有しながらご利用をサポートします。

サポート

動作環境

Internet Explorer11
Windows7/8/8.1/10

提供・販売形態

クラウドサービス

価格(ソース開示)

■無料体験あり
■月額利用料(税抜)  4,980円~ 
(ソース非開示)

お問合せ先

株式会社セキュリティ情報研究所

厚生年金基金/確定給付企業年金業務委託法人(指法第33号)

担当:ユニット経営/部門別採算クラウド相談窓口 嶋本

〒808-0135
福岡県北九州市若松区ひびきの1-5 共同開発センター 206号
TEL:093-616-9260 FAX:093-616-9260
E-mail:office@sil-web.co.jp

 
  • Microsoft Windows は米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、使用している会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示(TM 、(R))を付記しておりません。